椎間板ヘルニア(椎骨と髄核)のイメージ
体内の臓器や構造があるべき場所から脱出した状態をヘルニアといいます。

したがって椎間板ヘルニアとは、腰椎と腰椎の間にある椎間板が損傷して、その一部が飛び出した状態のことです。

少々身体の構造的な説明になりますが、私達の背骨(脊柱)は、椎骨というブロックのような骨がつみ重なってできています。

その椎骨の一つ一つの間には、椎間板という軟骨のようなものがあり、靭帯という強い組織によって連結されています。



椎間板はとても大切

私達が体を自由に動かすことができるのは、この椎間板があるためです。

椎間板は、運動することで発生する衝撃を吸収したり、上半身の重みを支えたりするクッションのような働きをし、背骨が前後左右に無理なく動かせるようになっています。

椎間板の中心には、髄核というゼリー状のものがあり、繊維輪に包み込まれています。

椎間板ヘルニアとは、何らかの理由でこの繊維輪に裂け目ができ、髄核がはみ出してしまった状態です。

原因としては、加齢によって老化し弾力がなくなったため、あるいは若年期の運動不足によって十分に骨格が発達しなかったということも考えられます。

特に繊維輪は、背中側が薄くなっているので、不自然な体勢で腰を曲げて重いものを抱え上げるといった動きによって、背中側に極端に負担がかかり、膨れたり断裂したりする可能性が高くなります。

そうして飛び出た部分や組織が、炎症を起こした結果、神経を圧迫して刺激し痛みが起こります。

ぎっくり腰から椎間板ヘルニアに

椎間板ヘルニアの場合、腰の痛みに加え、脚の後面や側面に痛みを感じる坐骨神経痛や大腿部(だいたいぶ)の前面や膝に痛みを感じる大腿神経痛を伴います。

これに対して、ぎっくり腰は、靭帯や筋肉組織、椎間板を損傷したために発症する痛みで、下肢部の傷みやしびれは伴わず、局部的に激しい痛みを感じるのが特徴的な症状です。

慢性的な脊椎のバランスのとれていない姿勢が、局部的に負荷を与えぎっくり腰の再発を繰り返すと、椎間板の損傷にもつながり、椎間板ヘルニアを発症することが考えられますので、あながち無関係とは言い切れません。

ですから、ぎっくり腰の原因を知り予防や再発防止対策をすることは、椎間板ヘルニアにならないためにも、とても大切な事なのです。