整骨院でのぎっくり腰の治療風景
整骨院、接骨院、ほねつぎなど骨に関係する治療院がありますが、それらは、すべて同様に国家資格を取得した柔道整復師(じゅうどうせいふくし)が治療を施します。

病院の医師ではないため、レントゲンやMRなどの画像による検査の他、投薬や注射による痛み止め、麻酔や手術などの治療はできません。

骨折・打撲・捻挫・脱臼・挫傷(肉ばなれ)などに対して、「整復法」「固定法」「後療法(こうりょうほう)」という3つの方法で治療を行います。

整復法
ずれたり、はずれりした骨や周囲の筋肉を、手で揉んだり伸ばしたりして元の状態にもどします。その際、患者に障害が残らないよう、靭帯や筋の状態、神経や血管の向きや流れを考慮して施術を行ないます。
固定法
患部をギブスやテーピングなどで固定します。筋肉や靭帯の代わりに損傷した部分を支えたり保護したりして補助し、回復を図ります。
後療法
様々な刺激を加えながら患部の回復を早めます。電気や光、温熱、冷却、音波、水などの刺激や様々な手技による刺激を患者の状態に合わせて施し、生体機能の活性化や傷めた組織の回復、運動器の正常な働きを取り戻すといった治療法です。



健康保険の適用範囲

整骨院などで、ぎっくり腰の治療を受ける場合、急性期で痛みが強いときよりも、痛みがとれて落ち着いた頃に、機能回復を目的とした利用が良いでしょう。

整骨院で、鎮痛効果のある湿布を治療に使用する場合がありますが、湿布は医薬品ですから、資格がないと処方することはできません。

このような事情から、整骨院によっては資格が必要でない、医薬部外品の湿布を販売しているところもあります。

整骨院は、骨折、脱臼、打撲、捻挫の治療については、健康保険が適用されます。

ぎっくり腰の場合は、捻挫(急性的な症状)として、多くの場合で保険が適用されています。

しかし、治療は保険の適用があっても、販売している湿布は保険の対象ではありません。

整骨院での医療行為は禁止ですので、整形外科と連携して開業されている整骨院も増えてきています。

自分で治療方法を選ぶ際には、まず病院でレントゲン検査してもらい、痛みの原因をはっきりさせた後に整骨院や接骨院で治療を受けるというのも良い方法でしょう。